Rei Harakami / ゆうげ selected re-mix & re-arrangement works 2 (Music mine) CD

ゆうげ -selected re-mix & re-arrangement works / 2
http://www.myspace.com/reiharakami

こちらは2001年以降の Rei Harakami のリミックス音源などをまとめた盤。
『あさげ』の方に比べると、グッとポップ、ロック方面の仕事が増えているところに、彼の立ち位置の変化が見て取れて面白いですね。

ということでこの『ゆうげ』に収められた曲はほとんどがヴォーカルの入った曲なんだけど、ヴォーカルの色を消すことなく、それでもきちんと Rei Harakami の個性を出しているのはさすがですね(Number Girl はやっぱり無理やり感があるけど)。
中でも GREAT 3 の “Oh Baby Plus” は、バンドの音と電子音の双方が作用しあって世界観にふくらみを持たせていて、これはかなり素晴らしいんじゃないかしら。
他の曲に関しても、リミックスよりもプロデュース曲が多いせいか自然にまとまったものが多く、『あさげ』のような新鮮味は薄いけれども、作品としても収まりはこちらの方が良い。

まぁ両方とも、次作までのつなぎとしては十分な作品かなと。

[曲目]

Rei Harakami / あさげ Selected Re-Mix & Re-Arrengement Works 1 (Music mine) CD

あさげ - selected re-mix & re-arrangement works / 1
http://www.myspace.com/reiharakami

2枚同時発売された Rei Harakami のリミックスを中心とした編集盤その1。
こちらは2000年ごろまでの音源を纏めたものだそうで、だからなのかクラブ系のアーティストのリミックスが多いですね。

Rei Harakami っていうと、あの丸みを帯びたシンセの音が強烈な記名姓を持っている上に、同時にその音色がノスタルジックな響きなので、こうやって数年間の音源を並べてみても特に違和感はない。

そして Rei Harakami という人は作品ごとに劇的な変化を見せるような類のアーティストではないのだけれど、やはりリミックスともなると原曲のアーティストの色も多少出るためか、普段の彼とは違う面を聴くことが出来てなかなか新鮮(まぁほとんどの曲は原曲の音使ってるのか?、って感じなんだけど)。
あと時代が後になればなるほど、音の自由度が増しているように思えるのは、クラブ系などという余計な括りを意識しなくなったということなんでしょうか。

[曲目]