Kis-My-Ft2 / Everybody Go (avex) CD

Kis-My-Ft2 / Everybody Go (avex)
http://avexnet.or.jp/kismyft2/

世間様が Sexy Zone で盛り上がっている中時機を逸しているにもほどがあるのだが、ジャニーズのデビュー・シングルとしては歴代3位の売り上げを記録したことで話題になった Kis-My-Ft2 のシングル。

私はジャニーズJr. までチェックするようなディープなジャニーズ・ファンではないのだけれど、この Kis-My-Ft2 に関しては KAT-TUN のライブで何度か曲を聴いておりまして。まぁ曲を聴いたといっても正直 “FIRE BEAT” しか印象に残っていないのだが、その曲に関しては、 KAT-TUN を野暮ったくしたような印象で、まぁ KAT-TUN のコンサートによく参加していることもあり、 KAT-TUN に近いハードロックを基盤にした音楽性でいくのだろう、となんとなく思っていました。

しかし正式なデビュー曲となるこの “Everybody Go” は、 KAT-TUN というよりは、むしろ NEWS に近い、トランス風のシンセが派手に鳴るダンス・ナンバーになっていて、以前のイメージに引っ張られている私などは少々面を食らってしまった。

曲自体は、何故この曲がバレーボール・ワールドカップのタイアップ曲になっていないのか不思議になるほどの王道ジャニーズ、といった感じで全然悪くないし(っていうか好きだけど)、神経症的に鳴るシンセとハットがリズムを引っ張るバラード “S.O.KISS” 、表題曲と同路線の “KISS FOR U” 、ブラスを入れてより歌謡曲的な “若者たち” と、どの曲も器用にこなしていているんだけど、こうなってくるとグループの方向性として、他のデビューが近いグループとどう差別化を図っていくのか少々疑問に感じる。

上で KAT-TUN に近い、って書いている時点で独自性もへったくれもないんだけど、それでも Hey! Say! Jump や NYC にはない男臭さは個性だと思うので、そこを伸ばした方が面白いと思うのだが。
それとも私が “FIRE BEAT” の印象に引っ張られすぎなだけであって、それ以外の曲に関しては昔からこんな感じだったのかしら?

まぁ今作の方向性が、 NEWS の脱退劇を見越してのことなら、事務所の戦略眼には色んな意味でびっくりなのだが、それはさすがに邪推しすぎか・・・。

photo

デビューシングル Everybody Go(ジャケットC)
Kis-My-Ft2
avex trax 2011-08-10
曲名リスト
  1. Everybody Go
  2. S.O.KISS
  3. KISS FOR U
  4. 若者たち
  5. (予定情報)全4曲収録予定

by G-Tools , 2011/11/17

[`friendfeed` not found]
Facebook にシェア
[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)