BLAHRMY / A REPORT OF THE BIRDSTRIKE (D.L.I.P.) 2LP

BLAHRMY / A REPORT OF THE BIRDSTRIKE (D.L.I.P.)
http://www.myspace.com/blahrmy

sheef the third と Miles word による藤沢の二人組、 Blahmy が2012年の3月に出したファースト・アルバム。

2010年に出したミニ・アルバム「Duck’s Moss Village」(過去記事)がかなりの傑作だったので、今作にも当然期待していたんだけど、これはちょっと期待はずれでしたかねぇ。

とはいっても曲の完成度が低いとかいうことは全くなく、良い書き方をすれば「黒光りしたリアル・ヒップホップがずらりと並ぶ」作品になっていて、実際曲単位で聴けば太いグルーヴに貫かれたトラックの上で、技巧的で淀みのないラップを聴かせる二人の掛け合いは最高。
しかしアルバム全体としては、似たような曲ばかりが並ぶメリハリのない作品になってしまっていて、その為15曲という曲数の多さも悪いほうに作用してしまっている。またこれは Blahrmy の音楽性を考えればある程度しょうがないんだろうけれど、強烈なひっかっかりになるようなメロディや、派手なトラックなどもないため、どうしても地味な印象になってしまう。

なのでそこら辺の構成力をどうにかすれば、ずっと良くなったアルバムのように思うし、他のグループに比べれば十分傑作と呼べる位の作品なんだけど、さすがに期待しすぎましたかね。
ただこのグループにとってまだ初のフル・アルバムなので、まだ期待値は高いままにしておきたい。

試聴

“BLAHRMY / A REPORT OF THE BIRDSTRIKE (D.L.I.P.) 2LP” の続きを読む

AKB48 / 1830m (KING) 2CD

AKB48 / 1830m (KING)
http://www.akb48.co.jp/

みんな大好き AKB48 が2012年の8月に出したオリジナルとしては2枚目となるアルバム。

ファースト・アルバム(過去記事)からして1曲目の “少女たちよ” とシングル曲以外はグループ名義の曲がないという、グループ内コンピの性格の強いものでしたが、今作は2枚組みということで、さらにその性格が強くなるのかと思いきや、1枚目に収録されている曲はほとんど AKB48 名義、2枚目がグループ内コンピになっていて、ある意味すごく2枚組みらしい構成になっている。

んで、シングル曲が好きな人間としては当然1枚目の方に期待したいんですが、シングル曲と劇場盤のカップリングを集めたこの1枚目が実に退屈。やはり劇場盤という性質上なのか、 “黄金センター” とか “アンチ” のようなグループ自体の環境や状況をモチーフにした曲が目立つんだけど、総選挙に代表されるような彼女たちの競争力学みたいなのに全くといっていいほど興味がない人間からすると、ただただ寒々しく聴こえるだけだし、 “ファースト・ラビット” や “走れ! ペンギン” も、「ラビット」や「ペンギン」が何の比喩なのかよく分からないし(まぁこれは聴き込み不足のせいかもしれないけど)。
また肝心のメロディの方も印象に残るものが少なく、ベタな歌謡曲アレンジのせいもあって、ひたすら古臭い曲が並んでいる、という以上の感想を持ちにくい。

一方の、新曲や CD 初収録曲中心だという2枚目は、前述したようにグループ内コンピ的な作品になっているのだけれど、こちらは意外なほど楽しめる。
彼女たちの曲としてはあまり聴いたことのない淡々としたエレポップの “Hate” からしてちょっと新鮮なのだが、高橋みなみと前田敦子がしっとりと歌うピアノ・バラードの “思い出のほとんど” (高橋みなみのヴォーカルはけっこう好きなのですよ)、勢いのあるロック・アレンジが楽しい “スキャンダラスに行こう!” (小嶋陽菜, 大島優子)、にゃんにゃんヴォイスが躁的なアイドル・ポップに合っている “アボガドじゃね~し…” (渡辺麻友, 指原莉乃)、ゆったりとしたメロディと童謡的なアレンジが心地よい “ぐ~ぐ~おなか” (歌ってる人前田敦子以外初めて見る名前・・・)と、それなりに曲調に幅を持たせながらも、印象的な曲が多い。
また最後に配置された “桜の花びらたち ~前田敦子 solo ver.~” も、私は前田敦子の歌ってこの曲で初めて意識したんだけど、歌唱力に関してはお世辞にも上手いとはいえないものの、低めの少しくぐもった感じの歌声は情感があり悪くないし、今作のようなベタなバラードにはすごく合っている。

ただこれを「オリジナル・アルバム」でやる必然というのを考えた場合、疑問しか出てこないのも事実で、これだったら以前のようにオリジナル・アルバムは出さずに、アルバムは全部コンピ、っていうスタンスの方がよかったと思うんだけど、やっぱりそれなりに大きな存在になると、慣習的なフォーマットにはのらざるを得ないんでしょうか。

1830m - AKB48

“AKB48 / 1830m (KING) 2CD” の続きを読む