The Weeknd / House of Balloons

The Weeknd / House of Balloons
http://the-weeknd.com/

こちらの記事で James Blake についてグダグダと書いたんですが、誤解を恐れずに書けば、私が James Blake に期待していたのは今作のような作品ですかね。

っていうことで、今年の3月にフリーで配信された、カナダの Abel Tesfaye の一人ユニットだという The Weeknd のファースト・アルバム。

そもそも私が James Blake に期待していた作品というのは、簡単に書くとトラックの立った歌モノなんだけど、 The Weeknd の今作は正にそういう作品。

あえてジャンル分けすると R&B の範疇に入るモノなんだけど、ヒップホップはもちろんの事、エレクトロニカやダブステップなど様々な要素が溶け合ったトラックは、平熱感覚というよりは、むしろ徐々に沈みこんでいくような静かな暗さに覆われていて、それがなんとも刺激的でありながらも特徴的。

一方ヴォーカルの方はというと、その透き通った高音だけで十分魅力的ながら、そこに時折少しざらついた低めの声を交えながら歌われるメロディはかなりポップかつ甘いもので、また同時に歌いすぎではないかと思えるほど感情的に歌い上げる場面を目立ち、これだけだとちょっとしつこいのではないかと思えるくらい。

しかしそのヴォーカルがトラックと見事な対比を表す事で、必要以上に暗くなりすぎないメリハリのあるモノになっているし、そのヴォーカルにしても、所謂喜怒哀楽のような分かりやすい感情を伝えるようなものではないのに、それでいて人間的な熱や情感に溢れているという、トラック共々不思議な余韻を残すもので、気がつくとまた聴いているという中毒性がある。

今更無料の音源なのにここまでの完成度のものが、なんて事を書く気はないけど、それにしてもほとんど名前も知られていないような人がここまでの作品を出したというのは衝撃的だし、それを抜きにしても素晴らしい作品。
色んな意味で今年を代表する作品なのは間違いない。

ダウンロード

The Weeknd – House Of Balloons by The_Weeknd

あと蛇足ながら The Weeknd の他の作品もいくつか。

The Weeknd / The Noise EP
Unreleased The Weeknd by k.niteh

これはアルバム発表後の5月くらいに突如発表された、 The Weeknd の過去音源。最初アップされた時は4曲だったと思うんだけど、いつの間にか5曲になり6曲になり、気がついたらジャケットまでついてた。まぁこのジャケットに関しては公式のものか分からないんだけど、かっこいいからいいでしょう。
なんでも The Weeknd は元々 The Noise というプロデュース・ユニットで活動していたらしく、今作はその時期(2009年前後みたい)のものらしい。
音の方は現在のものに比べると、ずっとオーソドックスな R&B に近いんだけど、声とメロディの魅力に関しては変わりなく、これまた素晴らしい。中でもメロディ、ヴォーカル、トラックと全てが柔らかい “Rescue Me” にはとろけてしまいそう。
この時期の音ももっと聴いてみたい。


あと Weeknd は今年中にあと2本のミックステープを出す事を発表していて、夏に出るという『Thursday』からの曲と思われる新曲が現在3曲アップされている。これを聴いただけで『Thursday』がどういった作品になるのか予想するのは難しいが、沈み込むような『House of Balloons』と違った作品になるのは間違いないかと。

[`friendfeed` not found]
Facebook にシェア
[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)