Unknown Prophets / The Road Less Traveled (UNKNOWN PROPHETS)CD

Unknown Prophets / The Road Less Traveled
http://www.unknownprophets.com/

家の前でラジオ体操やってるので眠れねぇ・・・・。

ミネアポリス出身の3人組ヒップ・ホップ・グループの3枚目。
ストリングスなんかを多用したトラックは適度な叙情性を持ち合わせていて、それでいてきちんと躍動感もあってなかなか高品質。ラップのスキル的にも何も問題ないんだけど、その分安定感がありすぎるというか、ちょっと突き抜けた個性が足りないかしら。でもヒップ・ホップらしいヒップ・ホップを聴きたいときなんかには重宝しそう。

視聴
Unknown Prophets - The Road Less Travelled

NAMIE AMURO / PLAY (avex)CD+DVD

NAMIE AMURO / PLAY
http://www.avexnet.or.jp/amuro/

なんか世間での評価を見ていると、大体今作での安室奈美恵はいつになくハード、というのが多いようだけど、私の印象は全く逆で、このアルバムは久々にかなりポップなアルバムなのではないでしょうか。

Suite Chic 以降、どんどん R&B への傾倒を強めるアムロちゃんなわけですが、それは今作でも一緒。そうすると当然、トラックの方も現行のアメリカに近いハードなものが多い。でも今作は、前作で復活の兆しをみせた彼女本来の華やかさが完全に戻ってきていて、結局のところその歌声の前ではトラックがどうとか関係ないのですよ。

はっきりいって R&b/Hip Hop をハードに歌える人だったら他にたくさんいるわけで、そこに華やかさや可愛らしさを加えられるとなると、 Crystal Kay ではちと足りないし、倖田來未なんかは問題外。
そういう実力とアイドル性を両立させてるのって、やっぱりアムロちゃんしかいないわけで、それが見事に形になった本作は諸手をあげて大絶賛。まぁ個人的には可愛さ全開な最後の2曲がとんでもなく好きなんだけど、それも前半のクールさがあってこそ際立つわけで、かつてなくファンキーなシングル曲2曲に挟まれて、さらりとヘヴィ・ロックな “It’s All About You” があったりする流れもかっこいい。

一応安室奈美恵のオリジナル・アルバムは全部持っている身からすると、売り上げ的にはともかく、アルバムのクオリティ自体が落ち込んだことはないと思ってるんだけど、そんな中にあっても断然の最高傑作。売り上げ絶好調なのも当然でしょう。

視聴
amazon
@TOWER JP

WIGHNOMY BROTHERS / Guppipeitsche (Freude-am-Tanzen)12″

WIGHNOMY BROTHERS / Guppipeitsche
http://www.freude-am-tanzen.com/

TM NETWORK 再始動ですか。
個人的には前作『NETWORK -Easy Listening-』って彼ら自身が奏でる TM NETWORK の葬送曲だったと位置付けているので、あのまま終わってくれた方が美しかったと思うのですよ。っていうかあれで終わりじゃなかったんなら、あのトリビュートはなんだったんだろう。まぁいいや。

昨年末あたりから好調なリリース・ペースを保つ Robag Wruhme 及び Wighnomy Brothers 。双方最近の傾向としてどんどんジャズ的な要素を強めておりますが、今作はその際たるものという感じ。
今作は両面とも上モノにピアノを使った曲が収録されているんだけど、タイトル曲の方はリズミカルなピアノを中心に、リズムもウッド・ベースとジャズ・ドラムが使われていて、フォーマットは四つ打ちながら、ジャズの音で構成したクリック・ハウスといった趣。
一方裏の “My gloomy head” は、シャープなキックの上に物悲しいピアノのメロディが鳴るクリック・ハウスで、そのピアノから十分ジャズの香りは漂うものの、彼ららしい音響構築により正に Wighnomy Brothers としかいえない曲に仕上がっていて、その対比が面白い。
彼らのこういうシングルも1作品として聴けるような作りには非常に好感が持てます。だからオリジナル・アルバムの方もそろそろ聴きたいなぁ。

Wighnomy Brothers - Guppipeitsche - EP
[Tracklist]

Mika Vainio / IKUINEN (SAHKO)12″

Mika Vainio / IKUINEN
http://www.sahkorecordings.com/

加藤和樹」って知ってますか?
最近街中でこう書いてあるトラックをよく見かけるんだけど、今日川崎行ったらその加藤和樹さんのミニ・ライヴがラゾーナでやってまして。
それがねぇ、なんかもうすごかった。彼が世間で一体どれほど認知されているのかは知らないけど、結構な大きさの広場を埋め尽くす婦女子が一糸乱れぬ感じで手を振っててさ。よくロック系の人が、ああやってみんなで同じ動きするのが気持ち悪い、みたいな事を言ったりしますが、実際見ると圧巻ですね。それをステージの上から見ているミュージシャンはさぞかし気持ちよかろう。
まぁその代わり歌は全く印象に残ってないんですけどね。

そんな加藤和樹さんとは欠片も接点がないと思われる Mika Vainio の新作。彼は先頃 Ilpo Vaisanen とのユニット Pan Sonic でもアルバムを出したばかりだけど、今作はソロでは2年ぶり。

まず音が鳴った瞬間に圧倒的な音響構築にハッとさせられるんだけど、そんな鋭い音響空間の中をなぜかベースだけがぬめり気をもって蠢いていて、それは Mika Vainio 流のダブ・ステップとも思えなくもないサウンドではあるのだけれど、でもやはりこれはかなり異形なミニマル・トラック。でも B サイドにいくにしたがって、徐々にノイズまみれになったかと思うと、終盤でノイズともメロディともつかない美しいアンビエンスに包み込まれて終わるので、それほど難解な感じはしない。
結構クセになるサウンドです。

視聴

SUBSTANCE & VAINQUEUR / REMIXES CHAPTER 1 (SCION VERSIONS)12″

SUBSTANCE & VAINQUEUR / REMIXES CHAPTER 1
http://www.scionversions.de/

ベーチャン一派の Substance と Vainqueur 、つまり Scion が立ち上げた新たに立ち上げたレーベルの3枚目はリミックス盤。

原曲のほうは持ってないんだけど、視聴した感じだといつものミニマル・ダブ。しかしリミキサーが、SurgeonRegis のユニット British Murder Boys に Sleeparchive というのは分かってるなぁ、という感じ。

British Murder Boys の二人はハード・ミニマルが衰退した今でも信頼に足る数少ないアーティストだと思うんだけど、今作でもまるでダブ・ステップを早回ししたかのような変則的なハード・ミニマルにリミックスしていて圧巻。
もう一つのリミックスの方も、原曲のダブ感など振り払うかのようなハード・ミニマルで、こちらもかっこいい。
そして sleeparchive はダビーな音響空間を生かしながらも、リズムを sleeparchive らしいディープ・ミニマルに置き換えていて、しかし結果的に初期 Basic Channel に近いものになっているのも面白い。

こういうの聴くと、やっぱりハード・ミニマルっていいなぁ、と思ってしまう単純な私です。

視聴
[Tracklist]

sleeparchive / papercup (sleeparchive)12″

sleeparchive / papercup
http://www.sleeparchive.de/

sleeparchive のサイトに書いてあったんだけど、どうやら8月に初のCDアルバムが出るようですね。
sleeparchive というのは Roger Semsroth によるユニットで、デビュー時はずいぶん謎めいた人だったんだけど、 Richie Hawtin の『DE9|TRANSITIONS』(関連記事)て曲が使用されて以降急速に注目度が高まり、現在2回ほど来日もしています。
彼は以前より Pan SonicMika Vainio からの影響を公言していたけれど、視聴した限り今度のアルバムはそういった要素を前面に出した実験的なエレクトロニクス作なようです。いずれにしても超楽しみ。

ということで Sleeparchive の現在のところの最新シングル(通算7作目)。

初期はディープなアシッド・ミニマルが多かった sleeparchive なんですが、 Modeselektor の『Hello Mom! Remixes』に参加して以降、どんどんハードになっておりますが、今作はディープ・ミニマルとハード・ミニマルが見事なバランスで融合した決定打。

まず “papercup” 。ダビーな音響の中、強烈なキックだけで曲を引っ張っていく前半も素晴らしいのだけれど、ベースやノイズなど様々な要素が足されては変容していく後半の、分厚いグルーヴがもう最高。9分という長さを全く感じさせません。
一方 “MRI scanner” の方は、今度のアルバムを予告するかのようなミニマル・エレクトロニクス。地鳴りのように鳴る連打されるキックとパルス音のみで構成されていて、しかしざらついた太い音作りは sleeparchive そのもので、それほど違和感なく楽しめる。
sleeparchive って最新作が最高作というのを更新し続けているアーティストだと思ってるんだけど、今作も間違いなく最高傑作。あぁ~、早くアルバム聴きたい。

視聴
[Tracklist]

だるまさん / だるまさん Back Again (GALAXY ENTERTAINMENT)CD

だるまさん / だるまさん Back Again
http://www.galaxy-e.com/

暑い・・・・・・・・・・・・。

だるまさんの、作品としては『そんなあなたに』以来、そしてシングルとしては初となる作品。
彼は以前からラップにとらわれない自由度の高いヴォーカル・スタイルだったけど、このシングルでの歌ともラップともつかないスタイルはますます堂に入っている。大体こういう歌うようなラップのスタイルだと、得てして歌が滑らかになりすぎるきらいがあるけど、だるまさんのユーモラスな発声法と強弱をつけた歌い方がそれを見事に回避してる。
自身の初プロデュースだという “マタドール” もいい出来だし、現在の彼の充実振りが分かる1枚かと。

Tracklist]

HEALAMONSTER / NINE TONS OF BLOOD (17FT.JELLYFISH)CD

HEALAMONSTER / NINE TONS OF BLOOD
http://www.17ftjellyfish.com/

Burgess Tomlinson という人のソロユニットのアルバム。
ジャケットの感じからすると、少しドロドロとしたものを想像しそうだけど、聴いてみると爽やかささえ感じさせるダウン・ビート/エレクトロニカ。なんでもこの人、もともとは Tarsier という女性シンガーの相方さんなんだそうで(ここでも何曲か歌ってる)、そこら辺のバランス感覚は巧みで、特に何曲かで聴かれるもの悲しい雰囲気はなかなか好み。
まぁもうちょっとビートが太いほうが個人的には良かったけど、それでも聴きやすい1枚です。

Healamonster - Nine Tons of Blood
[Tracklist]

Justice / †

Justice / †
http://www.edbangerrecords.com/

どうも、感性の鈍い shooter です。なぁんて分かる人にしか分からない意地悪は置いといて。

最近頻繁にその言葉を聞く「ニューレイヴ」ですが、その中でも真打的な Justice 、 Simian Mobile Disco 、 Digitalism の3組が同時期にアルバムを出した、なんてことは私がわざわざ書かなくても多くの人が知っているのではないかと思います。その中でもネットや雑誌を見ると一番評価が高いのが、 Justice のこのアルバムかなという感じですね。

で、確かに完成度が非常に高い。ゴジラまんまなオープニングから、ビキビキと歪んだ音を中心に様々な音が飛び交うエレクトロ・ディスコに流れ、かと思えば先行シングルにもなったポップな “D.A.N.C.E.” が入ってきてみたり。それ以降もほとんどの曲が、曲間が分からないくらい滑らかに繋がっていて、構成的にもかなり練られている(だから逆に “Valentine” の唐突さはどうにかならないものかと思うけど)。基本的にディストーションかかった攻撃的な音中心なんだけど、曲のそこかしこに昔のソウルやディスコの要素が感じられて、うるさくなりすぎないのも良い。

しかしねぇ、このアルバムはあらゆる点で手堅すぎるんだよね。そもそもポップスを意識したから曲を短くしたというのも、私には少し安直に思えるし、このアルバムからは Justice の二人の頭の良さは伝わってきても、肉感的な部分がまるで感じられない。それにフランスでエレクトロニック・ミュージックをやっていれば Daft Punk からの影響から免れないのかもしれないけど、これはそこに同じフランスの Jackson を足して分かりやすくしただけのような気がする。

まぁそれでもよく出来てるのは間違いないし、これが新しいポップスだといわれればそうなのかもしれない。それでもこれが新潮流なんていわれるようならば、ダンス・ミュージックもずいぶん退屈なものになったと感じざるを得ないなぁ。

ジャスティス - ? (クロス)
[Tracklist]

eva be / no memory of time (BEST SEVEN)12″

eva be / no memory of time
http://www.bestseven.de/

Sonar Kollektiv のダブ系のサブ・レーベルになるのかな? Best Seven というレーベルの新作。

まずオリジナルがゆったりとしたダビーなエレクトロニクスをバックにした歌もので、これが非常に心地よかったりするんだけど、やはり素晴らしいのは Soulphiction こと Michel Baumann のリミックス。
彼は昨年この名義で『state of euphoria』、そして今年に入っても3人組のユニット Manmade Science や Jackmate 名義でと次々と傑作をものにしているけれど、このリミックスもコズミックなシンセを鳴らしながらも、リズムのほうはどっしりとしたトライバルなダウン・ビート・ハウスでめちゃくちゃかっこいい。この人らしいもっさりとした音作りも良い。
それに比べるとエレクトロ・ディスコな tolcha のリミックスは凡庸かしら。
でも soulphiction のリミックスだけでもぜひ聴いてもらいたいシングルです。

Eva Be featuring Joe Dukie - No Memory of Time (Featuring Joe Dukie) - EP
[Tracklist]

CD12枚

WILEY / PLAYTIME IS OVER
THE ORB / OKIE DOKIE IT’S ORB ON KOMPAKT
SHINEDOE / sound travelling
mayhias kaden & onur ozer / momentum
JIRKU – JUDGE / private eyes
d’arcangelo / eksel
Jake Mandell / Love Song for Machines
Robert Babicz / A Cheerful Temper
KALABRESE / RUMPELZIRKUS
aaron spectre / lost tracks
Eraldo Bernocchi . Thomas Fehlmann / manual
DEADBEAT / JOURNEYMAN’S ANNUAL

昨日買ったやつ。 warszawa セールで調子のりすぎた。

tony rohr / greetings from brooklyn (kiddaz.fm)CD

tony rohr / greetings from brooklyn
http://www.kiddazfm.de/

このブログでも何度か名前の出てきている tony rohr のミックスCD。とはいってもほとんど曲が自身の12インチかリミックスした曲なので、実質シングルの編集盤といって差し支えないかと。因みに先月の warszawa のセールで500円でゲット。

tony rohr って以前はもう少しニュー・ウェイヴ色の濃いトラック作る人だったと思うんだけど、 afternoon cofee boys 以降、すっかりハードなイメージの人になった気がします。そしてこのミックスCDも頭からケツまで、硬いキックの音で押しまくるハードな曲の連続で、とにかくアガる。特に地鳴りのような爆音ベースが鳴る “Lofi Shizzy” を頂点とする、序盤から中盤への流れは圧巻。それ以降も、ハードながらもすっきりとした流れでテンションは落とさない。
BPM もこの手のミニマルにしては早いほうだし、音の強度もハード・ミニマルと比べてもなんら遜色のないものなので、普段ミニマルは地味で敬遠している人にこそ聴いてほしい感じです。

視聴

Battles / Tras

Tras
http://www.myspace.com/coldsweatrecs

先頃出たアルバム『Mirrored』(関連記事)が傑作だったんで、それ以前に出たEPも借してもらいまして、これはデビュー作になるのかな?

そのアルバムでは複雑な演奏を見事ダンス・グルーヴに落とし込んでいたけれど、表題曲は普通に変拍子のロック。正直もっと複雑なの想像していたので、ちょっと拍子抜け。
それより聞き物は10曲からなる組曲の “Fantasy” で、メタリックなドラムが刻むミニマルなビートが徐々に変容していくさまがかなりスリリング。独特な含みを持たせた終わり方も秀逸で、こういうミニマルな曲も、もっと聴いてみたくなります。

[Tracklist]

Geoff White / ique (Apnea)12″

Geoff White / ique
http://www.apnearecords.com/

ついでなんでその1番。

そもそも Apnea を主宰する Alex Under って、もう一つの主宰レーベルである Cmyk MusikTrapez からリリースを重ねていた人で、そんな人のレーベルの記念すべき1番が、何故 Geoff White なのか、っていうのは未だに不思議なんですよね。このレーベル以外での交流って特に聞いたことがないし、そもそも Alex Under って人気あるわりに日本では謎な部分が多いのよね。まぁいいや。

このシングルでは Force Inc. からのアルバム『Questions And Comments』をさらに進化させているんだけど、おそらく Geoff White の作品のなかでも最もダブ色が濃い。
そのトラックは意外性こそないものの、職人気質的を細部に感じさせ感度は高い。しかしせっかく12インチなんだから、もっとダンス寄りでもいいのではないかとも思うわけで、そう意味では Alex Under のリミックスがなかなかに秀逸。原曲のダブ感を損なうことなく、上手く疾走感のあるテック・ミニマルに仕上げている。
とりあえず『Neverthless』(過去記事)が気に入った人は聴いておいたほうがいいかと。

視聴
[Tracklist]

Geoff White / Sum (Apnea)12″

Geoff White / Sum
http://www.apnearecords.com/

Apnea 、といえばスペインはマドリッドの Alex Under が主宰するレーベルですが、レーベルの1番をかざった Geoff White が再び登場。その1番にあたる『ique』(関連記事)は、昨年の傑作『Neverthless』(過去記事)の雛形のようなクリック・ダブだったんだけど、その方向性はアルバムでやりきった感があったのか、今作では作風をがらりと変えております。

まず驚くのが1曲目の “He Said” で、以前の端正さはどこへやら、ブリブリとしたベースラインがとにかく動きまくる。それはダンス・ホールやベイルファンキにも近い猥雑さを感じさせるほどで、非常に攻撃的。残りの3曲も多少の差はあれど、以前よりもかなりリズムに動きのあるもので、まぁ分かりやすく表現するならば Geoff White 流のアシッド・ハウスともいえるんだけど、このリズムのうねり方は一般的なテクノのフォームからは大きくはみ出すもの。
それでいて上モノの透明感というのは以前とそれほど変わらず、全体的な質感としてはまぎれもなく Geoff White のものになっている。
それでもこの方向性が以前のダブ路線よりも好きかというと、正直そんなことないんだけど、この挑戦の果てにどんな新たな音を生み出すのか、そこはやはり楽しみなところです。

視聴
[Tracklist]

WIGHNOMY BROS.|ROBAG WRUHME / Remikks Potpourri Ⅱ (Freude am Tanzen)CD

WIGHNOMY BROS.|ROBAG WRUHME / Remikks Potpourri Ⅱ
http://www.freude-am-tanzen.com/

このブログでは何度か取り上げている Robag Wruhme こと Gabor Schablitzki なんですが、たとえば Villalobos や Matthew Dear なんかに比べると、どうも一般的な注目度が低い気がするのは何でなんですかね。やっぱり2004年の『WUZZELBUD”KK”』(過去記事)以来CD作品出してないのがいけないのかな。一応2005年にリミックス集が出てるんだけど、あれは流通がイマイチ悪かったからな。まぁでもそんなことは日本だけの話で、相変わらず欧州では人気があるのか、まさかのリミックス集第2弾。

前作では比較的テクノ方面のアーティストのリミックスが大部分を占めていたけど、今作は名前が売れた影響かずいぶんと幅広く、中でも UnderWorldDepeche Mode を筆頭に有名どころの名前が目立つ。

しかし基本的な音作りは一貫していて、基本的に密室的な空間処理の中で鳴るひんやりとしたシンセと、メタリックな音で構成されたパーカッションの組み合わせ。それはリズムが四つ打ちだろうがブレイク・ビーツであろうが同じ。こう書くと金太郎飴的な退屈なものを想像するかもしれないけど、彼の魅力はそこに数多くのフックを仕掛けることで、非常に記名性の高いポップなトラックに仕上げるところで、有名どころのおかげで楽曲自体の記名性の高い今作でもそれは変わらない。
単純な好みの問題でいえば、ある程度楽曲に幅のある今作よりも、タイトなミニマル/クリックで占められていた前作の方が好みだけど、完成度自体はまったく下がっていない。しかもこれに収録されたリミックス仕事なんて氷山の一角にしか過ぎないんだから、その才能はもっと評価されてしかるべきだと思います。

あとこのアルバムって一応 Monkey Maffia とのユニットである Wighnomy Brothers の名前も使われてるんだけど、各曲のクレジット見ると実際リミックスしてるのは Robag Wruhme だけなんだよね。それはこのユニット名義で出す曲でも同様で、いったいどういう役割分担なんですかね。謎だ。

視聴
@TOWER JP

[Tracklist]

RATVILLE / 如才 EP (RATVILLE)CD

RATVILLE / 如才 EP
http://www.geocities.jp/ratvillee/

京都を中心に活動するダブ・バンドの初音源。冒頭の “Josai steppas” からギターがうねりをあげる、ロック色の濃いダブ・サウンドで、全体的に音が非常に粗い。しかしそれが上手く攻撃性に結びついていて、この手のバンドにありがちなユルさを見事に回避していてかっこいい。
でもこのEPって私が買った店ではライヴ音源を収録したCDRも付いてきて、つまりは同じ曲のオリジナルとダブ・ヴァージョンと、そしてライヴ・ヴァージョンを聴くかたちになるので、そうするとさすがに飽きる。
つまりは現時点では楽曲の幅が狭いともいえるんだけど、でもこれが初音源と考えれば、十分及第点な作品だと思います。

視聴
[Tracklist]

ENDLICHERI☆ENDLICHERI / Neo Africa Rainbow Ax

Neo Africa Rainbow Ax
http://www.endli9.net/

なんか先月の毎日更新達成で気が抜けたのか、それとも忙しさにかまけていたせいなのか、更新頻度がどうも落ち気味ですが、まぁぼちぼちいきます。

ENDLICHERI☆ENDLICHERI の前作『Coward』って結局紹介しそびれたまんまなんですが、あのアルバムは堂本剛のもつ青さと、音楽的な完成度が見事に合致した傑作だったと思っておりまして、まぁそれじゃなくても “これだけの日を跨いで来たのだから” という稀代の名曲を生み出しただけでも大絶賛に値するのではないかと。
だから今作にも当然期待してたんだけど、ちょっと微妙かなぁ。

そもそもこの名義ってアフリカ産の古代魚の名前からとったらしくて、しかもタイトルが『Neo Africa Rainbow Ax』であるからして、まぁ当然のように全編ファンク大爆発なんですよ。それが完成度は確かに高いと思うんだけど、やはり線の細さというのはいかんともしがたく、さらに堂本剛の少年性を感じさせる声とイマイチ相性が良くないと思うのよね。
だから個人的に良かったのはインストの3曲で、特に冒頭の “ENDLICHERI☆ENDLICHERI 2” は熱量高くてかっこいい。
あとこの音楽性でいくんだったら、ライヴで鍛えられる部分というのは大きいだろうから、またライヴ100本くらいやってもらって、次作に期待したいところです。

[Tracklist]

LP3枚、12インチ5枚

DINKY / RINGING
PIKAYA / KAMBRIUM
avus / furry hat
SHAKO / IKUINEN
LUCIANO / FOURGES ET SABRES
SUBSTANCE & VAINQUEUR / REMIXES CHAPTER 1
Pheek / En legere suspension
PHIL PARNELL / DO YOUR LIVING IN THE NIGHT

Lars Horntveth / Pooka

Lars Horntveth / Pooka
http://www.smalltownsupersound.com/

もうすぐ参院選ですが、えらぼーとというのをやってみた。質問に答えていくことによって自分の主張と合う政党が分かるというものなんだけど(因みに私の結果はコレ)、まぁ結果が果たして合ってるかどうかは微妙だけど、参院選の興味にもつながるだろうし、各設問ごとに解説が付いているのもありがたい。多分選挙に興味があっても、どこの政党に入れればいいのか分からない人も多いだろうから、いっその事コレの結果にしたがって投票するのも悪くないんじゃないかと思います。っていうか投票しないよりはそちらの方がはるかにいいのではないかと。

Lars Horntveth といえばご存知 Jaga Jazzist のメンバーですが、これは2004年に出たソロ・アルバム。オーケストラを基調にしたものが多く(ほとんど彼による演奏)、思っていたよりもエレクトロニカ度は低め。でも幽玄ともいえる淡い音世界は、刺激こそ少ないものの、いい意味で眠くなるようなやわらかさがある。
つまりはやることが山のようにあるこんな夜に聴くには、大変危険な音楽ということです。あぁ寝たい・・・・。

Lars Horntveth - Pooka
@TOWER JP

[Tracklist]