MOCHIPET / DISKO DONKEY (DALY CITY)CD

MOCHIPET / DISKO DONKEY
http://www.dalycityrecords.com/

最初 Ellen Allien (この人案外太いんだね)が参加していたり、リミキサーが [a]pendics shuffleBroker/Dealer っだったりしたので、クリックっぽいの期待して買ったんだけど、ほとんどがエレクトロ・ディスコ。
この少しブレイク・コアを感じさせるような、おもちゃ箱ひっくり返したみたいな感じは嫌いじゃないけど、ちょっと今の気分じゃないかな。多分 rephlex とか好きな人にはいいんじゃないかと。

Mochipet - Disko Donkey
@TOWER JP

[Tracklist]

Oh No / Exodus Into Unheard Rhythms (Stones Throw) CD

Exodus Into Unheard Rhythms
http://www.stonesthrow.com/

Madlib の弟の2枚目のアルバム。前作は自分もラップしてたらしいけど、今作ではプロデュースに専念、代わりに数多くのゲストがマイクを取っています。

私はなんだかんだで Madlib って Yesterdays New Quintet くらいしか聴いたことないので比較は出来ないんだけど、こちらもサンプリング主体の煙たいヒップ・ホップ。正直聴いてすぐのインパクトがあるようなものではないんだけど、もっさりとした感触のビートが心地良く、こういうルーズなノリって最近のヒップ・ホップからはどんどん薄れてきてる気がするので嬉しいかぎり。
時代性とか関係なく長く聴けるアルバムです。

Oh No & LMNO - Exodus Into Unheard Rhythms
@TOWER JP

[Tracklist]

65DaysOfStatic / One Time For All Time

65DaysOfStatic / One Time For All Time
http://www.65daysofstatic.com/

実はこのバンドについてはほとんど知らないんだけど、雑誌などを見ると Aphex Twin や Mogwai なんかが引き合いに出されるバンドの2枚目のアルバム。

基本的にインストのバンドで、激しいドラムのブレイク・ビーツに轟音ギターが絡むスタイルなので、まぁ上記の2組の名前が出てくるのも分からなくはない。でもほとんどの曲が展開で聴かせる類のものなので、例えば Battles (過去記事)みたいな、強烈なグルーヴで引っ張ってくバンドに比べると明らかに古い。まぁテンション高い演奏は悪くはないんだけど、これだったら後半のブレイク・コアみたいな曲の方が楽しめた。

視聴

“65DaysOfStatic / One Time For All Time” の続きを読む

jon sheffield / Something left is never Far (notenuf)CD

jon sheffield / Something left is never Far
http://www.notenuf.net/

最近はあまり聴いてなかった音盤の山(実際にはファイルだけど)を崩したりなんかしておりまして、その中の1枚。

多分コレ出たのって2004年くらいだと思うんだけど、内容の方はジャケットから想像できるように、ほっこりと可愛らしいエレクトロニカ。わりと音がアナログなんで心地良くはあるんだけど、個人的な趣味からすると、あまり頻繁に聴きたくなるような音ではないかな。でも全体的に短くまとまっていて聴きやすい。

Jon Sheffield - Something Left Is Never Far

TIM XAVIER / DECEPTION DE REAL REMIXES (CLINK)2LP

TIM XAVIER / DECEPTION DE REAL REMIXES
http://www.clinkrecordings.com/

私が彼の名前を知ったのは Afternoon Coffee Boys でのデビューのときだったんだけど、そのときはまだ Tony Rohr の相棒的印象が強かったのが、その後自身のレーベル Ltd-400 からの数枚のシングルで見事にその立場を逆転させ、現在はミニマルの中でもかなりの人気をほこるのがこの Tim Xavier です。その人気のひとつに他を圧倒するような音圧にありまして、どうやらこの人自分でマスタリングするらしく、とにかく低音の鳴りがすさまじい。
それはこのリミックス盤でも同様で、オリジナルは自身の Ltd-400 からの第一弾の頭をかざった曲。
ミニマルの人ってどちらかというとベースを強調した音作りをする人が多いけど、この曲の場合地鳴りのようなベースに加え、さらに大地を割るようなキックが鳴るのでさぁ大変。しかし音作りがとても硬質で、両方ともきっちり聴こえるのでとにかく気持ちいい。
リミックスの方も、キックをさらに強調した Tony Rohr や、バウンシーな Par Grindvik 、かなりドラッギーな Pan-Pot と優れたものが多いけど、 Tim Xavier のマスタリングによってさらに良くなっているのは間違いない。
この人のトラック制作とマスタリングの相乗効果が続くかぎり、注視すべき人物です。

視聴
“TIM XAVIER / DECEPTION DE REAL REMIXES (CLINK)2LP” の続きを読む

MELT-BANANA / Bambi’s Dilemma (A-ZAP)CD

MELT-BANANA / Bambi's Dilemma
http://www.a-zap.com/

ちょっと melt-banana が一般的にどれほどの知名度があるのか分からないんだけど、彼らはすでに活動歴13年にも及ぶバンドでして、その活動は徹底してアンダーグラウンド。海外からのリリースやライヴも多く、その為か日本よりも海外で評価されることの方が多い。音楽性は基本ハードコア・パンクでかなりスピーディなもので、演奏はテクニカルかつトリッキー。さらにかなりノイジー。なのに Yako の声は可愛いとさえ言いたくなるものだし、ヴォーカルもものすごくポップ。この両極端とも思える要素が不思議とすんなり同居しているのが melt-banana でありまして、そんな彼らの6枚目のアルバム。

4年前の前作『Cell-Scape』を聴いたときも、随分ポップになったと感じたものだけど、今作はさらに聴きやすい。なんでも今回はストレートなロックン・ロールを目指したんだとかで、以前のような混沌と爆発が交互にくるような快感はない。
でもその分単純に乗れる曲が多くて、一回その世界に入ってしまえば彼らの放つパワーに圧倒されっぱなし。それに細かいところで色々な細工がほどこされていて飽きさせない。
まぁそれでもこちらの期待を上回るような作品かというと、やはりちと足りないですかね。他のバンドと比べれば十分傑作だとは思うんだけど、彼らへの期待値に比べるともう一歩という感じ。次作はもっとスゴイのお願いしたい。

@TOWER JP

[Tracklist]