DOMINIK EULBERG/KREUCHT & FLEUCHT(Mischwald)2CD

DOMINIK EULBERG/KREUCHT & FLEUCHT
http://www.mischwald.net/

iTunes が7にアップデートされてからというものギャップレス再生がうれしくて、今まで手が伸びずにいたミックスCDをよく聴いているのだけれど、これもそんな1枚。

2004年の『Flora & Fauna』(過去記事)で一気に知名度を上げてからもコンスタントにシングルは発表していながら、噂のCoccon からのアルバム(来年2月?)がなかなか出ない Dominik Eulberg の初ミックスCD。

彼は自身のオリジナルではダブテック中心ながらも、このミックスCDでは予想通りクリック/ミニマルが中心。しかしさすが人気アーティストというべきか、収録曲は2005年のヒット曲総ざらいといった趣さえある豪華なものです。
しかし実際に聴いてみると、その豪華さが信じられないほど地味。
とりあえずこのミックスを聴く限り、彼のミックスというのはそんなにテクニカルなものではなくて、曲のアタマとケツをちょっと繋ぐくらいなんですよね。だから展開していく感じが全然なくて、曲自体は悪くないから退屈とはいかないまでも、びっくりするくらい何も起きません。

というのがディスク1の感想。ずっとこのままだったっらどうしようかと思いながらディスク2の方を聴いてみると、こちらはシンセが扇情的な曲が多く、特に “Dinamo (Dominik Eulberg Remix)” から “Pele Bloss” への流れはかなり盛り上がる。まぁミックスのスタイル自体はディスク1同様特に個性は感じないんだけど、この Border Community 系を多く配した選曲は自然と体が動いてしまいます。

まぁなんのかんのと書きましたが、2005年の記録として持っておくと便利な1枚な気はする。

視聴
amazon で見る
“DOMINIK EULBERG/KREUCHT & FLEUCHT(Mischwald)2CD” の続きを読む