WIGHNOMY BROTHERS / Guppipeitsche (Freude-am-Tanzen)12″

WIGHNOMY BROTHERS / Guppipeitsche
http://www.freude-am-tanzen.com/

TM NETWORK 再始動ですか。
個人的には前作『NETWORK -Easy Listening-』って彼ら自身が奏でる TM NETWORK の葬送曲だったと位置付けているので、あのまま終わってくれた方が美しかったと思うのですよ。っていうかあれで終わりじゃなかったんなら、あのトリビュートはなんだったんだろう。まぁいいや。

昨年末あたりから好調なリリース・ペースを保つ Robag Wruhme 及び Wighnomy Brothers 。双方最近の傾向としてどんどんジャズ的な要素を強めておりますが、今作はその際たるものという感じ。
今作は両面とも上モノにピアノを使った曲が収録されているんだけど、タイトル曲の方はリズミカルなピアノを中心に、リズムもウッド・ベースとジャズ・ドラムが使われていて、フォーマットは四つ打ちながら、ジャズの音で構成したクリック・ハウスといった趣。
一方裏の “My gloomy head” は、シャープなキックの上に物悲しいピアノのメロディが鳴るクリック・ハウスで、そのピアノから十分ジャズの香りは漂うものの、彼ららしい音響構築により正に Wighnomy Brothers としかいえない曲に仕上がっていて、その対比が面白い。
彼らのこういうシングルも1作品として聴けるような作りには非常に好感が持てます。だからオリジナル・アルバムの方もそろそろ聴きたいなぁ。

Wighnomy Brothers - Guppipeitsche - EP

Tracklist

  1. Guppipeitsche
  2. Intro
  3. My gloomy head
[`friendfeed` not found]
Facebook にシェア
[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]

2 Replies to “WIGHNOMY BROTHERS / Guppipeitsche (Freude-am-Tanzen)12″”

  1. TM NETWORK が再始動なのですか?
    なんだろか、この、切りきれない尻尾的感覚は…。
    まあ、いいのですが。
    ワタクシがTMNで好きなのは「Carol」という
    アルバムですねー。あれはなんか世界観があって好きなんですよ。アニメもありましたね。
    木根さんの耳がとがってて、俗に言うエルフ耳で、
    変でした。
    うん、変でした。

    メインの方とはなんら関係ないコメントでごめんなさいよ。

  2. なんかねぇ、多分 TM って小室さんが何もやることなくなったときに、活動始めるみたいな感じなんじゃないのかなぁ。
    別に何か聞いたわけじゃないんだけど、なんとなく私はそう思ってる。

トウカイ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)