V.A. / the popular music

disc union club music online はリニューアルしてものすごく見にくくなったと感じているのは私だけだろうか。

筒美京平のトリビュート盤。珍しく1曲づつ書いてみようか。

まず山崎まさよし。私はこの人の声が昔から好きでないのだけれど、この曲は変に高い声を出さないので意外に良い。これでアレンジがもっと面白かったらな。

次はすっかり歌手業も板についてきた柴咲コウの “ブルー・ライト・ヨコハマ” 。彼女の歌声には適度な色気があっていいんだけど、情緒の欠片もない打ち込みのバックが最悪。やっぱり今の時代歌謡曲に艶を求めるのが無理なのか。

徳永英明の “たそがれマイ・ラブ” 。これは原曲聴いたことない。でもさすがに情感のこもったいい歌唱を聴かせる。

つんく♂の “セクシャルバイオレット No.1” 。これは随分いい曲を選んだなというか、さすがつんくはプロデューサーだけあって、自分のことが分かってるなと思ったんだけど、妙にちぢこまったアレンジで期待はずれ。夜ヒットの箱バンみたい。もっとディスコでファンクでエロエロなのが聴きたかった。

BONNIE PINK の “人魚” 。良くも悪くも BONNIE PINK としかいいようがない。

次の ET-KING って、最近名前はよく見るんだけど聴くのは初めて。でも愛嬌のある感じでこの曲には合ってるんじゃないかしら。オリジナル聴きたいとは思わないけど。

でまぁやはり一番強烈なのは秋川雅史ですね。 “飛んでイスタンブール” って私けっこう好きな曲なんだけど、これタイトル聞かなかったら多分この曲だって分からないよ。っていうかもう回りとは声力が段違いで、これなら千の風にものれますね。

島谷ひとみの “魅せられて” 。この人はやはりカヴァーやりなれているからか悪くない。でも歌のスケール感は原曲の10分の1くらい。

次は “夏のクラクション” 。これは選曲が悪かったといいますか、稲垣潤一の特徴のある声の印象が強すぎて、 Gospellers だとちょっと物足りないのよね。残念。

melody. の “真夏の出来事” 。私的にはこれが一番かな。まぁ単に melody. の声が好きだから、という部分も大きいんだけど、原曲を適度に崩して、上手く自分の方に引き寄せているのが好感もてます。

草野マサムネの “木綿のハンカチーフ” 。一般的にはコレが目玉かな。私は最近のスピッツって興味もてなくて聴いてないので、彼の歌声聴くのも久しぶりなんだけど、なんか随分老けたねぇ。以前はもっと声に張りがあった気がしたんだけど。たまたま調子悪かったのか、夜年波に勝てなかったのか。

最後は CRAZY KEN BAND の “また逢う日まで” 。ベスト2。これも原曲をそれほど変えてるわけではないんだけど、見事に CRAZY KEN BAND の曲になってるんですよね。お見事。

ということで、全体的にはアレンジはそれほど変えてないので、ちょっと面白みにはかけますね。やっぱりここまで名曲揃いだとあんまりいじれないのかね。でもその分カヴァーしたアーティストの力量は分かりやすい気がします。

amazon.co.jp
@TOWER JP

[`friendfeed` not found]
Facebook にシェア
[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)